弁護士に過払い金請求を依頼した場合のトラブル事例

貸金業者とのトラブルで多いのが利息の過払いで、素人ではとうてい処理しきれないので、法律の専門家の弁護士に依頼することになります。

 

 

でも弁護士に過払い金の請求をした場合のトラブルが多いので、知っておく必要があるのです。

 

@「勧誘がしつこい」

 

無料相談となっていたので、一度軽い気持で問い合わせてみたら、後から何度も電話が入って、しつこく勧誘された。

 

 

A「請求依頼契約どおりではなかった」

 

最初相談したときには、かなりの額の過払い金の請求ができそうだと説明されて契約した。
でも、実際に請求が終わって見るとかなり低い額しか戻らないで、弁護士費用も掛かって、過払い請求のメリットがなかった。

 

B「早期和解を求めてきた」

 

弁護士の手間を軽減させながらかつ弁護士経費は高めになっていて、早く和解するように迫られた。

 

 

C「弁護士のレベルが低い」

 

過払い金請求の相談に載ってくれるのは、凄腕の弁護士かと思っていたら、資格を持たない担当者とのやりとりが多くて、中々スムーズに事が運ばず、費用の請求が多い。

 

トラブルが多く発生しやすい弁護士に依頼する過払い金額の請求ですから弁護士選びは慎重にしなければなりません。