過払い金請求とはどういうものか

昔は利息制限法には罰則規定が無かったから、貸金業者は法律で定められた金利を上回る金利で貸し出しを行っていました。
それでその金利で借りていた人は、利息を貸金業者に過払いしていたことになります。
それで貸金業者を処罰することは出来ませんが、払い過ぎた利息の返還を求めることが出来ます。

 

 

それで払い過ぎた利息つまり過払い金を貸金業者に返還を要求する過払い金請求が普通に行われるようになりました。
それで過払い金請求は、まず金利の引き直しをしなければならないので、取引をしていた貸金業者に取引履歴を請求します。
これが昔は、貸金業者は一般人には取引履歴の請求には応じませんでしたが、法律で応じなければならなくなりました。

 

 

だから法律の専門家に頼らなくても取引履歴は取り寄せることは出来ます。
ただ金利の引き直しとか貸金業者との交渉が大変なので、ほとんどの人が弁護士などの法律の専門家に過払い金請求をしてもらいます。
それで報酬は返還された利息で払いますから、法律の専門家への依頼は無料で行えます。

 

 

そして過払い金請求は、返還された利息で債務を完済できなければ債務整理ということで金融事故扱いになります。
だからブラック扱いでどこからも借りられなくなります。
さらに過払い金請求には時効が有って過払い金が有る債務が完済されて10年が過ぎれば、時効になって、過払い金請求は出来なくなります。

 

 

ただ最後の取り引きから10年ですから、まだ借りている状態でしたら、過払い金請求出来ますから、出来る人は請求するといいです。