過払い金請求をしたら信用情報はどうなるの?

数年前から過払い金請求のある意味ブームのような状態になっていますね。
今ではだいぶ落ち着いてきた感もありますが過払い金請求の時効は最後に取引のあった時から
10年以内なのでまだまだグレーゾーン金利でお金を借りていた人は請求をすることができます。

 

 

過払い金請求に関する疑問で多いことの一つに信用情報に関する疑問があります。
具体的には「過払い金請求をしたら信用情報に傷がついてしまうのではないか?」ということです。
一般的に言われているブラックリストになってしまうということですね。

 

 

結論から言えば過払い金請求をしても信用情報に傷が付くことはありません。
確かに申請するだけで現金が戻ってくるということを聞けばいかにも怪しい感じがしますが、
元々支払う必要のないお金を払わされていたわけですから返してもらうのは当然のことです。

 

 

なのにそれで信用情報に傷が付くというのは理不尽ですよね。
しかし、過払い請求でも借金減額のための任意整理の場合には信用情報に記載されてしまいます。

 

 

わかりやすく言えば過払い金請求をしてもその金融機関に借金が残るような場合ですね。
なので過払い金請求は全額返済した後に行うか、もしくは返済中だとしても確実に過払い金が
残債を上回っているか、もしくは相殺されるとわかっている状態でするのが良いと言われています。

 

 

2010年よりも前は過払い金請求をすることで信用情報は傷ついてしまうこともあったそうですが、
先程のように元々払い過ぎていたお金を返してもらうだけなのでそれはおかしいということになって
今ではそのようなことはありませんが、請求の過程において信用情報に記載されてしまうこともあるそうです。

 

 

そのような場合には信用情報から消してもらうことが可能なのでそれを恐れて過払い金請求をしないというのはナンセンスでしょう。
自分の信用情報がどうなっているのかは問い合わせれば比較的簡単に知ることができます。