任意整理の使い道について

生活のために必要となるお金を工面するために、貸金業者からお金を借りる場合もあります。
そのような借り入れがかさむと借金が増えてしまい、非常に苦しい状況となってしまいます。

 

このような借金苦を解消するための手段として、債務整理が存在しています。
債務整理は借金や自己資産などを整理する方法となっており、任意整理と民事再生、自己破産などが存在ししてます。

 

このうちの任意整理は、裁判所の関与なしに、司法書士や弁護士などの法律家と依頼人が貸金業者と交渉を行い、返済のための方法や金額などの条件について交渉を行う手続きとなります。

 

このような任意整理を行うことによって、借金の金利などの面で好条件を引き出すことができます。
任意整理を行うためには、取引開始時にさかのぼって、金利を利息制限法の上限金利に引き直して計算を行う必要があります。

 

そして、減額された元本を分割して返済することになります。
支払わなくてすむようになるのは、将来の金利や遅延損害金となります。

 

月々の返済も生活に支障のない範囲にすることができるようになる場合もあります。
しかし、このような任意整理は、借金の返済を3年程度でできる場合や返済のための収入が見込める人でなければならないため、全ての方が利用できるわけではありません。

 

このような条件に該当しない場合、任意整理ではなく、民事再生や自己破産などを利用することが必要となります。
しっかりと自分の経済状況を相談して利用する必要があります。