自分でする場合の過払い金請求のメリットとデメリット

過払い金請求は実は自分で行うことも可能です。

 

 

では、自分で過払い金請求を行う場合の、メリットやデメリットはあるのでしょうか?
メリットを上げると、取り戻した過払い金は100%自分のものになるという点があります。

 

 

専門家に依頼をすれば、成功報酬などを支払う必要があり、16〜30%程度の費用が掛かってしまう事がありますが、自分でおこなえばこの費用が不要ですので、100%自分のものになります。

 

 

また手続きがどこまで進んでいるのかなども、自分で確認することが出来ますよね。
ただ、デメリットの面を考えてみると、沢山ものがあるのが分かります。

 

 

第一に、貸金業者自体が、過払い金返還請求を取り扱ってくれないことがあります。
法律の専門家ではない個人での請求は、あしらわれてしまう可能性があるんです。

 

 

次に、手続きはかなり煩雑になってきます。想像以上に手間がかかるものが多くあります。
過払い金がいくらあるのかという線引き計算を行う方法なども、個人では難しい場合もありますよね。

 

 

過払い金請求を行ったのち、訴訟になってしまった場合には、さらに法律の専門的な知識が必要になってきます。
このようなものが、デメリットになってきますよね。