過払い金請求はいつまでできる?

一般的に法律には時効と呼ばれる制度があります。
一定以上の期間を経過すれば権利の取得・喪失という法律効果を認める制度です。

 

 

さまざまな法律制度にこの時効が決められており、たとえ法律的に請求ができていたとしても、
裁判などの訴えを起こすことができません。

 

 

こうした時効制度ですが、過払い金請求にもこの時効が適用されます。
過払い金請求に適用される時効は10年であり、
10年を超えた場合は過払い金請求はできないとされています。

 

 

しかしながら、仮に借りたお金を消費者金融に完済しても、再度その消費者金融業者からお金を借りた場合、
10年の時効は消滅するため、過去にさかのぼって過払い金の請求をすることが可能です。

 

 

その業者の最後の取引から10年経過しなければ過払い金請求は可能になります。
こうした過払い金については、お金を借りた側はあまり記憶していない場合がほとんどです。

 

それは、お金を借りたという行為それ自体を忘れたいという精神的なプレッシャーや、すでに他の事に夢中になっていたりなどの理由が多いとされています。

 

経済的に自立して、消費者金融などを活用しなくても十分な生活が営めるようになった人にとっても、
こうした過払い金請求については、忘れがちになってしまいます。

 

 

しかしながらそれでは、結果的に泣き寝入りに近い形になるため、そうしたことを避けるためにも、
これまで借りていたお金や記録を探し出して、過払い金請求事案かどうかチェックすることが求められます。

 

 

>>>過払い金請求のデメリットを知りたい方はコチラ<<<